服装学部服装社会学科グローバルファッションマネジメントコースでは3年次後期に国内外で約8週間のインターンシッププログラムを実施しています。

2016年度は13名の学生がブリスベン、パース、シドニー、香港、東京でインターンに参加し、この成果を学生自身が発表する報告会が2017年1月27日に実施されました。

DSCF3676 DSCF3740 DSCF3672

 

Raffles College of Design and Commerce(オーストラリア・シドニー)の学生と一緒に

浴衣と水着のデザインをするプログラム

「オーストラリア・シドニー研修―現地学生と共同作業で作品制作に挑戦―」(1・2年生対象)

が来年3月に開講されます。それにむけた準備のための講義が2016年9月14日〜15日に実施されました。

 

DSCF3231 DSCF3214

1日目はRaffles CollegeのNick先生とSabi先生による英語での講義。

講義では、様々な人種・文化の混ざり合ったオーストラリアの特徴が「FUSION」(融け合う)というキーワードとともに示され、

制作する水着や浴衣のデザインにもこの「FUSION」という要素を盛り込むようにという説明がなされました。

講義後、学内で開催されていた浴衣のファッションショーを先生方と一緒に見学し、参加者はこれからつくる浴衣のイメージを膨らませていました。

 

 

DSCF3411 DSCF3369

 

二日目は文化学園大学の管野先生による浴衣の着方の指導。

留学生など浴衣を着たことのない学生は質問をしながら真剣に学んでいました。